単に数字だけでは計算が難しい

抑える為に、かなり努力をした経験があります。単に数字だけでは計算が難しい一面もありますが、会社都合だったから月に2万も家賃補助がありました。

持ち出し金の家賃額は3万。ここへ光熱、新聞、食事、衣類や雑貨、遊行、マイカー維持も必要。経験上、光熱はアパートだから節約にも限界があります。

電気2,400、水道2,600、ガス3,500円程度が限界。あとは食事を切り詰めて、マイカー維持を月割りし、トータルで約13万という計算です。

給料が手取りで22程度だったから、余るお金は約9程度しかありません。

この計算では年間に100ほど貯蓄が出来る事になりますが、実際にはイレギュラーで掛かる修理やメンテナンスもある。

どんなに抑えた生活をしても、残った分はいざという時に使えるように確保を優先しとく。