カリビアンスタッドポーカーのルールでは降りようが自由に選択可能

友人と一緒に遊んでる時、提案してきたゲームをやろうと言い出す。

初めて聞く名前でしたが、面白そうだったからカリビアンスタッドポーカーのルールを教えてもらいながら、プレイ決定。ディーラーになりチップを賭けると、皆へ5枚ずつカードを配ります。

友人は1枚だけオープン、参加プレーヤーは裏返しになってます。配られた手札を確認してから勝負するか決める選択が可能、続ける場合は手札を伏せたまま。

カリビアンスタッドポーカーのルールでは、降りる場合チップを置きません。全員選択が終わると全部オープンされます。

そん時はディーラーが勝った為、賭けたチップ全部没収され悔しかったな。何度か続けると運が向く時もあり、役に応じた配当をゲット。

親はワンペア以上もしくはノーペアでも、AとKがあるば続行する場合が多い。そうでないと高い役を持っていても、降りるのがカリビアンスタッドポーカーのルールだそう。

基本的に一般的に知られてるものと同じだから、親役を皆で交代しながらゲーム続行。